クレジットカード系のキャッシング
消費者金融系のキャッシング
銀行系キャッシング
ネットでキャッシング

クレジットカード系のキャッシングについて、どのようなことがポイントとなるのだろうか。

まずは、カードにいろいろな付加価値のある機能がついていることがある。
例えばクレジット機能というのは代表的なものだが、これは他とは違って使いかってのよいものである。

そもそもクレジットカードを利用するということで、すでに多くの人が1枚は所有していることで、使い易さも高いのではないだろうか。

借りるときだが、ほとんどがATMを使うことになり、返済については口座からの引落しとなる。

では、気をつけておきたいところはどこか。
まず、このクレジットカード系のキャッシングの金利についてだが、上限については18%ぐらいに設定されていて、消費者金融系と同じくとっと高めになっている。

また、返済の期日に遅れてしまったときは、これまた同じく利用額が減らせれてしまうこともあるようだ。

総量規制に関してもこれは対象になっている。

ただ、何といってもその利便性は大変高い。
クレジット機能はよく使う機能だし、今ならポイントを貯めるといったこともできるといったサービスもよく使う。
どれも日常生活ですでに当たり前となっている機能やサービスといったもので、それだけクレジットカードが生活の一部となっている。公共料金だって払えるのだから。

さて、先ほど総量規制の対象と書いたのだが、これはクレジットカードのキャッシングについてのもの。
いわゆるショッピング枠に関しては、総量規制の対象外の扱いとなっている。

お約束
管理人